ギックリ腰のヒミツ

  • 作成日時:2022年04月05日

こんにちは。院長の岡村です。

寒さも少しずつ緩んで暖かさを感じる季節になると、冬の寒さで控えていた運動、趣味を再開される方も多いと思います。

 

しかし、気をつけてください。

休みを挟んだ身体は、筋肉や関節、靭帯が十分に動くための準備ができていません。

すぐに限界を迎えて捻挫や挫傷などのケガをしかねません。

 

では、どのような対処をすれば良いのか?その方法をご紹介いたします。

 

①股関節周りのストレッチ

股関節の動きが阻害されると、ぎっくり腰の一つである椎間関節捻挫の原因となります。

股関節がスムーズに動かせないために腰椎に負担をかけて損傷してしまうので、時間をかけてストレッチをして股関節の柔軟性を取り戻しましょう。

 

②睡眠をしっかりとる

人間の身体は寝ている間に修復されます。

睡眠時間は、できれば7時間以上確保しましょう。

睡眠が足りないと身体中の筋肉を緩めたり、修復できません。

 

ほかにも注意すべき点はありますが、まずはこの2点に取り組んでリスクの軽減に努めてください。

身体に何らかの不安を抱えていたり、自信のない方は、当院でメンテナンスを兼ねたチェックをさせていただきますので、お気軽にご相談ください!

 

TOP