今年もあと2か月!

  • 作成日時:2019年11月01日

みなさん、こんにちは!
院長の志津田です。

ずいぶん寒さも増してきましたね。
身体は3か月周期で入れ替わり、夏に無理した弊害がこの時期に現れ、寒さと乾燥で体調を崩しやすいです。
今のうちから血流の促進に入浴、細胞のために栄養補給、体液のために水分補給を欠かさず行ってください。

それでは、「身体の悪くなる順番」の続きです。
前々回、前回とお伝えしたのは、背骨、骨盤が悪くなり、下肢へと向かい、肩関節から肘や手首が悪くなるところまでお伝えしました。
今回は最終回です。最後に悪くなるのが自律神経です。
最後になるくらいなので、全身がおかしくなってきたところで不調に至ります。
自律神経がおかしいかな?自覚のある方は、どこかで調子を崩していたり、痛めた記憶がありませんか?
身体の不調はよいことではありませんが、必要なことでもあります。

例えば、風邪をひくと発熱しますが、これは免疫機能がウイルスの働きを阻止する反応です。
身体の痛みについても、おかしい場所があれば熱を発したり、痛みが出たりして代謝を上げ、身体を正常に戻そうとします。
つまり、元通り働けるようにしていきます。
しかし、その過程で損傷などが潜んでいるとなかなか改善されず、放置していると固まったものが固いまま、悪くなる順番でどんどん侵食され、最後に体内器官の調節を司る自律神経に狂いが生じます。
この状態を回復するには、悪くなる順番の背骨、骨盤、下肢、肩、肘、手首の動きを治していきながら自律神経にアプローチすることになります。
時間はかかりますが、全身が悪くなっていますので、施術とセルフケアでしっかり改善をめざします。

自律神経かな?と思ったら、当院で!

TOP