今年も残り2か月

  • 作成日時:2018年11月01日

みなさん、こんにちは!院長の志津田です。
気温が下がってきましたが、体調を崩していませんか?
乾燥は身体の粘膜の渇きにつながり、細菌の感染ルートになってしまうので、夏と同様に適度な水分補給を忘れずに!
さて、今回は、新たに導入した「楽トレ」という機械についてお話ししたいと思います。
導入直後から多くの皆さまにご利用いただき、かなりの成果を上げています。
楽トレとは、複合高周波「EMS」によってインナーマッスル(身体の深い場所)に効率的な筋収縮を起こし、トレーニングができる機械です。
深さは18cmまで。
筋収縮は30分で9000回。
これをベッドに仰向けになって、EMSを当てるだけで体感できます。
インナーマッスルが効果的に鍛えられ、体幹が安定してお腹も引き締まり、姿勢も改善。
運動パフォーマンスがアップして、つまずきも減少。
体温や代謝の向上も図れます。
結果として「痩せる」効果も期待できます。
インナーマッスルの重要性ですが、みなさんは30分間、立っていられますか?
重心は偏っていませんか?
寄りかかっていませんか?
そうした方は、インナーマッスルが使えていません!
インナーマッスルが使えないとアウターマッスルに頼りきった状態になります。
アウターマッスルの酷使は非常に疲れます。
ダンベルを100回持ち上げればわかると思います。
きついですよね?
では、インナーマッスルを鍛えると何が変わるのでしょうか。
インナーマッスルが使えるようになるとアウターマッスルの休める時間が増えます。
ふたつの筋肉が効率的に使える状態が整えば、疲れにくい身体づくりができます。
さまざまな効果が実証されている「楽トレ」を、ぜひ一度お試しください!

TOP