代謝が上がるこの時期に!

  • 作成日時:2019年02月01日

みなさま、こんにちは!院長の志津田です。
寒い日が続きますね!
体調は崩していませんか?
冬場の健康管理には、「うがい・手洗い」の励行、喉の保湿と室内の加湿が欠かせません。
湿度が健康に与える影響について簡単に説明します。
湿度が40%以下になると、インフルエンザなどのウイルスが活発になり、静電気が発生しやすくなると感染拡大に拍車をかけます。
40~70%になると、多くのウイルスが半減します。
60~65%は、肌に最適な湿度です。
逆に70%以上になるとカビ、ダニが活発に繁殖するので注意しましょう!
それでは、本題の代謝についてです。
代謝という言葉を聞くと、新陳代謝と基礎代謝が思い浮かびますが、ふたつはまったくの別物です。
新陳代謝は、古いものから新しいものに入れ替わっていくこと。
健康や美容に関わる肌と細胞の新陳代謝は、正常な状態ですべて生まれ変わるのに、概ね3か月程度必要となります。
一方、基礎代謝は、何もせずにいても生命活動を維持するために消費される最小限のエネルギーのことです。
それでは、冬の時期はどちらの働きにとって優位なのでしょうか?
気温が高く、安定した血行が保たれる夏場は、新陳代謝にとってよい環境ですが、体温を維持するために働く基礎代謝は下がります。
冬場は体温を維持するために基礎代謝を上げようと身体が頑張るので、必然的に消費カロリーも上がります。
新陳代謝は寒さの影響で低下しますが、基礎代謝は上がります。
結果、冬のこの時期は、当院の複合高周波EMSの「楽トレ」を使用すると、効率的にインナーマッスルが鍛えられ、引き締め効果も得られます。
運動不足の解消と筋力強化に、ぜひ一度、「楽トレ」をお試しください!

TOP