同一姿勢による腰痛

  • 作成日時:2021年05月06日

皆さま、こんにちは。
院長の岡村です。

今回は長時間同じ姿勢で過ごすことによって生じる、いわゆるデスクワーク腰痛についてお話しします。

デスクワークにともなう腰の痛みは、ぎっくり腰とは似て非なるものです。
腰が痛いということについては同じですが、痛みの種類や発生原因などが異なります。

ぎっくり腰に関しては、別の機会にお伝えするとして、デスクワーク腰痛は長時間同じ姿勢を続けたために、腰部、股関節周囲の筋肉の可動性が失われ、腰椎椎間関節に負担をかけて発症に至ります。
詳しいメカニズムが理解できなくても、「長時間同じ姿勢を続けると痛くなるんだ」と思ってください。
また、そうした症状を感じたら、すみやかに治療をはじめてください。

当院は、お一人おひとりに最適な施術で症状の早期改善をめざします。
単に腰をもみほぐすのではなく、身体の運動連鎖や生理的運動範囲などあらゆる角度からアプローチして、根本原因から解消できるよう取り組みます。

ちなみに腰周囲の筋肉が固まって動きが悪くなると、足の浮腫につながる恐れもあります。
十分にご注意ください。
身体に関わるさまざまな症状に対応している当院にお気軽にご相談ください。

TOP