気温が上がってきましたね!

  • 作成日時:2019年07月02日

こんにちは!院長の志津田です。

7月に入りました!
皆さん、夏は好きですか?
私は季節的には好きですが、暑いのは苦手です。
マリンスポーツなどのレジャー、避暑地で過ごす休日は楽しみですが、笑顔で過ごすためにも夏バテや熱中症でコンディションを落とさないよう、しっかり体調を整えておきましょう!

さて、今回は、「水」についてお話しをしようと思います。
いつもこの時期になると書いている気がしますが…、身体にとって水分はとても大切な存在です。
私たちの身体は、子どもで70%、大人で60~65%、ご高齢の方では50~55%が水で占められています。
血液にも水分が含まれています。
血液は全身に栄養やホルモンを運びます。
不要になった老廃物などを体外に排泄してくれるのも水分の重要な働きです。
こうした循環が水分不足により滞ってしまうと、肩こりや腰痛、筋肉に関わるトラブルの原因となります。
コリや疲労が抜けないといった症状の中には、体内の水分不足が原因であるケースも多数あります。
身体に水分が足りているか否かを判断するチェック法があります。
ご自身では水分をしっかり摂っているつもりだけど、実際はどうなんだろうと疑問に感じた方は、お気軽に当院へお尋ねください。

体内の水分不足を知らせる合図に、のどの渇きを目安にしている方もいますが、それでは手遅れの場合が多いのでご注意ください。
熱中症は高温多湿の環境で、屋内外問わず発生しています。
そこで夏場は水筒やペットボトルを持ち歩き、こまめな水分補給をつねに心がけてください。
なお、コーヒーや紅茶などのカフェインを含む飲料には利尿作用がありますので、水や希釈したスポーツドリンクがおすすめです。

TOP