猫背と身体の不調

  • 作成日時:2020年02月03日

こんにちは!院長の志津田です!

2月に入りました。
今月は、この時期にみなさんに知っていただきたい、猫背と身体の不調についてです。

猫背の方は肩が内巻きに入り、肩甲骨が外側に引っ張られて脊柱が後弯し、骨盤が後傾、内腿が使えずに脚が開いて、足首に外向きになっていたりします。
そして呼吸器も肋骨が下方に下がって肺が膨らみにくく呼吸が浅くなりがちです。
加えて横隔膜も動かしづらいです。
浅い呼吸を続けていると苦しく、リラックスできません。

つぎに内臓器ですが、猫背によって骨盤の前側にスペースができると内臓が下がって、基礎代謝・新陳代謝がともに上がらずにポッコリお腹になります。
脊柱の後弯も強くなり腹大動脈が常に圧迫され、下肢の血行が悪くなります。
この状態では心臓が血圧を上げないと下肢に血液が行かないと誤認します。
下肢では血液が下がらず、心臓に戻せなくなって足がむくみます。

猫背ひとつでこれだけの不調を招きかねません。
普段から少しでもいい姿勢を意識して脊柱をたくさん動かしましょう!
そうすることで脊柱が緩み、猫背の改善と不調を寛解できると思います!
猫背が気になる、上記の症状がある方はパルモ紺屋町整骨院へ!

TOP