筋膜のお話をしましょう

  • 作成日時:2021年10月01日

こんにちは!

院長の岡村です。

急に真面目なタイトルになりました。

(笑)そんなにカタいお話しをするわけではございません。

今回は「筋膜」についてお話しします。

 

みなさんは筋膜という言葉をご存知でしょうか?

筋肉は単体で動いているわけではなく、骨の位置によって動員されるモノが違ったり、周囲の組織を巻き込んで動いているのですが、それが筋膜です。

筋肉をまとめ上げたり、スムーズな筋力発揮のために一緒に動いており、ケガをしてしまうと筋膜は正しい効能を保つことができなくなります。

そのメカニズムは、

ケガをする

  ↓

筋繊維や血管が破壊される

  ↓

内部で血液が周囲の組織まで一緒に固めてしまう

  ↓

スムーズに動けなくなる

といった流れです。

 

これを放置してしまうと、後々この部分を再び痛めてしまう可能性を残します。

いわゆる古傷やクセと呼ばれるものの正体がこれです。

放置しても長い期間をかければ元の組織に近い状態に戻るかもしれませんが、それには年単位を要します。

ストレッチや筋トレ、セルフケアがこれらの修復を助けてくれます。

痛みのない身体を目指すとともに、不具合は百害あって一利ナシですから、当院でしっかり治していきましょう!

 

TOP