脂肪の実態

  • 作成日時:2021年11月01日

みなさん、こんにちは!

院長の岡村です。

寒さも強まり風邪を引きやすい季節となりましたが、いかがお過ごしでしょうか。

この時期、私は身体に脂肪がつきやすくなっていることを感じながら暮らしております。

 

さて、ここでお尋ねしますが、脂肪とは何のことを指すのでしょうか?

詳しく答えられる方はあまりいないのではないのでしょうか。

今回は、そんなみなさんにちょっとした脂肪の知識をご紹介します。

 

食事の際に摂取する脂肪と身体に蓄えられる脂肪とは若干の違いがあります。

例えば、牛肉の脂肪を食べたからといって、そのまま身体についてしまうわけではありません。

一度分解された後にホルモン生成のために使われ、必要以上に摂ってしまうと下痢の原因になったりします。

すべては吸収できませんので許容量を超えたものは便として排出されます。

 

では、何が身体の脂肪に変わるのか。

それは摂取カロリーの余剰分を脂肪に変えて保存しているのです。

つまりカロリーオーバーになると脂肪がつきやすくなります。

糖質制限、オイル制限など、さまざまなダイエット法があると思いますが、ご自身の代謝を計測して1日の上限を決めるとダイエットは上手くいきますよ!

 

TOP