良き眠りにしましょう

  • 作成日時:2021年07月01日

こんにちは!

院長の岡村です。

今回は「快眠」についてお伝えします。

 

どうして人は眠るのでしょうか?

諸説ありますが、私が耳にしたのは、「記憶を定着させるため」「交感神経過剰になるのを防ぐため」などの理由です。

ちなみに交感神経過剰になると血圧の上昇、カロリーの過剰な消費による飢餓状態などの諸症状が出る(らしい)とのことです。

それらを未然に防ぐために人は眠るようです。

WHOの健康定義にも、「食事、運動、睡眠」が三大行動として表記されています。

それほど睡眠は大事なものなのです。

 

そして、「快眠」を得るには、次のような行動がポイントとなります。

よく健康食品を飲んで云々とか、就寝前はスマホの画面を見ないようにといわれますが、僕が伝えたいのは「水を飲むこと」です。

清涼飲料水やコーヒー、お茶ではダメです。

水もしくは麦茶がベストです。

就寝前に水分を摂取することで体内の浸透圧を平均化するとともに就寝中の深部体温低下に役立ちます。

これにより効率的に入眠が図られ、「快眠」につながるわけです。

 

当院でも、自律神経調整や炭酸ヘッドスパなど、快眠につながる施術が多数ありますので、気になる方は、お気軽にご相談ください!

 

TOP