6月ですね!

  • 作成日時:2019年06月03日

皆さん、こんにちは!院長の志津田です。
6月に入りましたね。
今年の梅雨はどんな感じになるでしょうか。
ある程度のお湿りは必要ですが、ほどほどにしてもらいたいものです。

さて、私事ですが、今月で神田にやってきて5年になります。
年齢も20代から30代に、辞令を受けて同じ場所で5年という経験がないのですが、ただただ、早かったなと。
また、ひとえに皆さんに支えていただいたことに感謝を申し上げます。
これからも一所懸命、治療に頑張っていきたいと思います。

今月のコラムは、「首のコリ」について書きます。
治療中、患者さんの中には身体に力が入っていることに気づかないで、私から力を抜くよういわれた方も多いと思います。
実は無意識に身体に力が入っているとかなりの確率で首コリにつながっていきます。
筋肉は100%使うと0%。
つまり、筋収縮が行われた後は必ず筋弛緩が起きるのですが、オフィスワークの同一姿勢や、荷物の運搬の多い方は要注意です。
肩や首、全身に力が入りっ放しになっているかもしれません。
そんな時は肩をすくめるようにして、一気に脱力。
これを3~5回繰り返してください!
次に仰向けになって膝を立て、太ももの内側に丸めたタオルなどを挟みましょう。
これは回数ではなく疲れるまで行います。
内腿の筋肉を使うと首の力が抜けて肩が軽く感じられると思います。

また、力が入りすぎていると交感神経優位になり、頭痛や腰痛、膝の痛みなどにつながる恐れがあります。
この方法で力を抜けるようになれば身体もラクになると思います。
継続しても状態に変化を感じられない場合は、筋肉や関節を痛めている可能性がありますので、当院までご相談ください!

TOP