〒101-0035
東京都千代田区神田紺屋町11

電話マーク

お電話

メニュー

膝の痛み イメージ
見出しアイコン

膝の痛み

膝は体重を支える重要な関節です

膝は、太ももの骨すねの骨膝のお皿から構成される関節です。
歩行や立ち上がりといった日常動作時に体重を支える役割があります。

膝の痛みがあると、今まで行っていた動作がスムーズにできなくなる場合もあります。
痛みの原因を知って、適切な対処・予防を心がけましょう。

目次

このようなことに
悩まされていませんか?

  • 歩き始めに膝の痛みがある
  • ジャンプの着地時に膝を痛めてしまった
  • 膝まわりに熱感や腫れがある
  • 膝の痛みをできるだけ早く改善したい

膝の痛みが
生じる原因について

膝の痛みは、加齢病気ケガによるものまで、原因は幅広いと言われています。

 

【膝の痛みの原因】

●変形性膝関節症

クッションの役割をしている軟骨がすり減り、関節周辺に炎症を起こした状態「変形性膝関節症」と呼びます。
加齢の影響で軟骨の弾力性が低下してくるため、中高年の方に多くみられます。
また、変形性膝関節症には、次のような原因も考えられます。

・柔軟性の低下
股関節、太もも周辺の柔軟性が低下していると、歩行や運動時に軟骨同士が衝突しやすくなると言われています。
関節の動きが硬くなる要因には、加齢運動不足ケガの長期固定などが挙げられます。

・姿勢変化
ガニ股猫背の姿勢になっていると、大腿四頭筋(太もも前側の筋肉)の緊張に繋がります。
硬くなった筋肉で関節のアライメントが崩れると、軟骨同士がこすれる原因になる可能性があります。

・筋力の低下
大腿四頭筋の筋力が低下すると、膝にかかる衝撃を筋肉でうまく吸収できなくなるため、軟骨への負担が増加する傾向にあります。
筋力低下は加齢運動不足によって、起こりやすいと考えられています。

・体重の増加
体重が急激に増加すると、その分下肢にかかる負担も増える場合があります。
その結果、膝に痛みが生じることがあります。

 

●関節リウマチ

関節リウマチとは、関節に炎症が起こる病気です。
関節周辺の痛み腫れなどが主な症状です。
原因は解明されていませんが、中年の女性に発症しやすいと言われています。
悪化すると軟骨や骨が破壊され、関節が変形することもあります。

 

●半月版損傷・膝関節靭帯損傷

半月板や靭帯を損傷することで、膝の痛みに繋がる場合があります。

・半月板損傷
膝に体重がかかった状態でひねりの外力が加わると、半月板は損傷しやすいと考えられています。
半月板とは、関節内でクッションの役割をしている組織です。

・靭帯損傷
関節が強くひねられると、膝まわりの靭帯を痛めることがあります。
外反・内反の強制(バランスを崩す、コンタクトスポーツでの衝突)ジャンプの着地ダッシュからの急停止などで、靭帯損傷は発生すると言われています。

膝の痛みへの
対処法と予防法について

【膝の痛みへの対処法】

●冷やす(炎症期)

炎症や腫れが強く出ている時期は、アイシングを行ってください。
氷水の入った袋アイスノンなどをタオルでくるみ、熱感のある箇所に当てます。

また、消炎鎮痛剤の含まれた湿布も、炎症を抑える効果が期待できます。

 

●温める(慢性期)

急性期の炎症がおさまったら、ホットパックホッカイロなどを当てて患部を温めます。
温めることで膝まわりの血流が改善し、筋肉のこわばりの解消も見込めます。

 

●痛くない範囲で動かす

慢性期でも痛みが残る場合があります。
しかし、安静にしすぎると筋力や柔軟性の低下を招くため、できる範囲では関節を動かすようにしてください。

・軽くウォーキングする
・水の中を歩く(水中ウォーキング)
・椅子に座った状態で、膝を曲げ伸ばしする

など

 

●臀部・大腿部のストレッチ

膝にかかる負担を軽減するために、お尻や太ももの柔軟性を高めましょう
呼吸をしながら、じっくり筋肉を伸ばすことがストレッチのコツです。

・お尻のストレッチ

①仰向けに寝ます。
②片方の膝を曲げて、両手で抱えるようにしてください。
③曲げた方の膝を胸に近づけるようにして、お尻の筋肉を伸ばします。

反対側の足は伸ばした状態で、足の付け根部分がストレッチされるように意識してください。

・太もものストレッチ

片方の膝を曲げて、かかとをお尻につけるようにします。
その状態から上半身を後ろに倒していくと、太もも前側の筋肉をストレッチできます。

 

【膝の痛みの予防法】

●運動量を減らす

疲労によって膝の痛みやこわばりが生じる場合は、運動量を見直してください。
運動時間はもちろんですが、下半身に負担のかからないメニューに変更することも1つの方法です。

 

●膝まわりの筋力強化

スクワットによって、太ももの筋力を鍛えることで、膝への負担軽減に繋がります。
スクワットを行う際には「膝がつま先よりも前に出ない」「膝が内側に入らないようにする」といったポイントを意識しながら行いましょう。

パルモ神田接骨院の
【膝の痛み】アプローチ方法

変形性膝関節症や、骨そのものの変化スポーツなどによる靭帯損傷や半月板の損傷などは、整形外科にご紹介させていただきます(初回)。

骨に異常がなく、手術の必要がないもの、もしくは患者さん自身が保存療法を選択したものであれば、当院にて超音波特殊電気を使用し施術を行います。

初期症状が強めの方であれば、まずはアイシングから行い、包帯での固定処置を行うか、テーピングによる動作のサポートを行います。

膝は日本人の身体の中で負担のかかりやすい部位になっているため、その負担を軽減できるような姿勢改善動作改善をする必要があります。

また、歩行やご自身の行動で識するポイント運動などのアドバイスもあわせて行います。

膝の痛みに対する施術方法

■ハイボルト療法

高電圧機器とも呼ばれ、特殊電気と表記されることが多いです。
一般の電気と異なり、皮膚上から患部の深部まで電気を加え、神経の興奮や疼痛発生物質を除去を目指します。

 

■経穴(ツボ)へのアプローチ

患者さんの身体にあわせた刺激とポイントがありますので、その部分を手技によって施術していきます。
また、特殊電気によって施術を行う場合もあります。

 

■テーピング

固定を行うホワイトテープ、運動をサポートするキネシオテープ、皮膚上の動きをサポートするスパイラルテープを行います。
また、可能な限りご自身の希望にあわせたテーピングを行います。

 

■骨格矯正

脊椎の矯正から骨盤矯正、手関節足関節、股関節肩関節などさまざまな関節に対しアプローチを行います。
関節を元の位置に戻すことにより、O脚やX脚に対して改善が見込めます。
※骨に対し病変がある場合には施術をお断りする場合がございます。

 

■CMC筋膜ストレッチ(リリース)

筋肉を包む筋膜(FASCIA)に対し、器具を使って施術を行います。
滑動性を改善させ、筋肉の重圧感を緩和させていきます。
スポーツ前に行うと効果的と言われています。

 

■ドレナージュ

【DPL】

長時間の歩行やランニングをした後に代謝産物、老廃物を組織外へ排出するようにクリームやアロマオイルを使用し、施術を行います。
足の重だるさ、不快感に効果が期待できます。

 

■カッピング

カップと呼ばれる専用の器具を肌に直接当て、内部を真空状態にした後に、数分間吸引し続けます。
組織内に残留する老廃物や血液を、皮膚近くまで持ち上げ循環を改善し、組織の回復を図ります。

 

■温熱療法

組織に対し熱を加え、滑動性や循環を改善し瘢痕(はんこん)の早期除去を行います。
超短波や超音波、湿熱などが温熱療法に当たります。
靭帯の損傷、関節の捻挫の後に行うことが多いです。

著者 Writer

著者画像
岡村 基樹
生年月日:1994年8月30日
血液型 :O型
趣 味 :カラオケ、声真似、筋トレ、運動
好きなスポーツ:野球、テニス、ラグビー、ゴルフ
好きな言葉:微に入り細を穿つ

患者さんへのコメント:
楽しく過ごすことが大好きです!雑談も好きなので、色々お話ししましょう!

ABOUT US

パルモ神田接骨院

住所

〒101-0035
東京都千代田区神田紺屋町11

最寄駅

【JR神田駅南口】徒歩4分
【都営新宿線岩本町駅】徒歩4分

駐車場

なし

11:00〜15:00 - -
16:00〜20:00 - -
お電話でのお問い合わせ

03-6206-4777

Web予約はこちら
Web予約受付フォーム24時間受付

Treatment guidance

保険施術アイコン

保険施術

外傷性の「打撲」「捻挫」「挫傷(肉離れなど)」「骨折」「脱臼」などに対して健康保険などの使って施術を受けることが可能です。※骨折・脱臼については医師の同意が必要です。(応急処置を除く)
肩こりなどの慢性の痛みや慰安目的は保険適用外となります。

基本施術アイコン

基本施術

お身体の原因不明な痛みや、慢性的な痛みに対してのアプローチをご紹介しております。身体の痛みは全身のバランス調整によって大きく改善できるものがあります。ゆがみを整えて、身体本来の働きをさせ、痛みの改善を目指しましょう。

ハイボルト療法アイコン

ハイボルト療法

ハイボルト療法は高電圧を身体の負傷部位に浸透させることのできる電気療法です。 期待できる効果は「軟部組織の修復」「痛みが出るサイクル、原因を特定する」ことです。 レントゲンでは映らない、筋肉、腱、靭帯の修復を促進することで早期回復が期待できます。

特殊固定具アイコン

特殊固定具

骨折、脱臼、重度の捻挫の場合は患部をより強固に固定する必要がるため特殊固定具を使用し組織の回復を目指します。患部の状態によりギプス包帯やボール紙を使った固定具などを用いて患部を固定します。

経穴(ツボ)へのアプローチアイコン

経穴(ツボ)へのアプローチ

経穴(ツボ)に刺激を与えることにより、緊張し硬くなった筋肉をゆるめて血行を促進させていきます。 除痛効果や、圧力(負荷)の軽減などにも効果的です。 また、他の施術の効果を持続させる効果も期待できます。

テーピングアイコン

テーピング

テーピングにはさまざまな種類があり目的により使い分けていきます。 ケガの早期回復を目指す目的で使用する場合、患部の動きをよくするため、「サポート」目的で使用する場合、圧迫による痛みの緩和を目的としている場合、患者さんの目的により「ホワイトテープ」「キネシオロジーテープ」「スパイラルテープ」「ストリンテックステープ」などを施します。

骨格矯正アイコン

骨格矯正

身体のバランスの崩れにより生じた痛みに特化した施術です。 原因が思い当たらない痛みにお悩みの方の中には、姿勢のアンバランスが影響し症状が発生しているケースが多くあります。 一度姿勢を見直してみましょう。

CMC筋膜ストレッチ(リリース)アイコン

CMC筋膜ストレッチ(リリース)

筋膜とは、筋肉や骨格など全身の組織を覆っている物質です。 この筋膜はストレスや悪習慣により分厚く硬くなったり癒着する性質があります。 この状態が続くことで、筋肉や関節に負担がかかり身体の様々な箇所に痛みや違和感をもたらせます。 そこで「筋膜ストレッチ(リリース)」という皮膚の表面から刺激を送り癒着した筋膜をはがし柔らかくする施術を行っていきます。

超音波療法アイコン

超音波療法

高周波による振動療法で患部にとても細かい振動を当てていきます。 深部の損傷まで振動が届くため骨折、捻挫、挫傷などの外傷による炎症や膨張を早期に抑える効果が期待できます。

ドレナージュ(EHD・DPL)アイコン

ドレナージュ(EHD・DPL)

【EHD】 頭蓋骨に効果的なアプローチを行う施術です。
頭の経穴(ツボ)を刺激することでリンパや血流の流れを促進し頭痛や眼精疲労、自律神経の乱れによる不調の改善が期待できます。
頭蓋骨へのアプローチによって全身の不調を改善しましょう。
【DPL】 ふくらはぎからひざ裏に対してほぐしリンパと血液の流れを促進していきます。
リンパと血液の流れが整うことで老廃物の排出が促され冷え性やむくみの解消に効果が期待できます。
日々のストレスや運動不足が原因でひざ裏やふくらはぎに老廃物が溜まっている方におすすめな施術です。

カッピングアイコン

カッピング

症状が気になる場所を透明なカップで吸引する施術です。 肩や腰の痛み、血行促進、デトックス効果、花粉症の軽減や自律神経の調整など、全身への影響が期待できます。

温熱療法アイコン

温熱療法

温熱療法とはホットパック・サーモフォア、マイクロ波、特殊温熱機などを使って、人間が本来持っている自然治癒力を高め症状の緩和を目指します。
また、身体を芯から温めていくことで、慢性症状、冷え性疲労などの症状改善が期待できます。

産後矯正アイコン

産後矯正

出産後に、腰痛や尿漏れなどの不調が現れる原因としては、出産時に骨盤の腸骨(ちょうこつ)・座骨(ざこつ)・恥骨(ちこつ)の3種類の骨のバランスが崩れてしまうことだと言われています。
産後矯正ではこのバランスを整え不調の改善を目指していきます。
出産後に緩んだ靭帯、ゆがんだ骨盤を戻すことによって出産前よりも良いスタイルに戻しましょう。

自律神経調整アイコン

自律神経調整

自律神経調整としては主に、花粉症に対して施術を行っていきます。
東洋医学では、花粉症は自律神経の乱れが大きく影響していると言われています。
そのため、頚椎から胸椎のゆがみを整えることで自律神経による乱れを少なくしていきます。
また耳ツボを刺激しアプローチすることもあります。 薬のように眠たくなる、倦怠感を感じるなどの副作用もない安心な施術です。

O脚矯正アイコン

O脚矯正

O脚矯正は、その原因に合わせて股関節や膝、足関節などにアプローチしていきます。
骨盤と下半身のバランスを整える施術を行う場合もあります。
「歩くと疲れやすい」「ガニ股」「膝に痛みがある」そのような方におすすめな施術です。

猫背矯正アイコン

猫背矯正

猫背は、CMC筋膜ストレッチ(リリース)や骨格矯正などでアプローチしていきます。
胸椎の後弯が強くなるとストレートネックになりやすくなります。
また、頭痛や肩こりの症状をお持ちの方は猫背の可能性が高いです。ご自宅でもできる猫背矯正もお伝えしています。
デスクワークなどによって丸くなった背中を改善しましょう。

小顔矯正アイコン

小顔矯正

手技を用いた特殊矯正や美容、予防に特化したEMSや装具を使用したトレーニング など通常とは異なる予約制の施術になります。
筋緊張やむくみにより大きくみえてしまっている顔を本来の大きさに戻すことで、小顔を目指していきます。 また、血流が促進されることで顔色も明るくなる効果も期待できます。

楽トレアイコン

楽トレ

楽トレはインナーマッスルへのアプローチに特化したEMSを使い、身体の深い部分にある筋肉を刺激することで身体を引き締めたり、腰痛を緩和する効果が期待できます。
「むくみを改善したい」「トレーニングが苦手で楽したい」「冷え性を解消したい」などのお悩みでお困りの方に、おすすめな施術です。

交通事故施術アイコン

交通事故施術

交通事故による打撲や骨折、むちうち症状に対して自賠責保険を使用し施術を行うことができます。
むちうち症状は次第に症状が現れ重くなってしまったり後遺症が残ってしまうこともあります。
事故に遭ってしまったら必ず適切な施術を行いましょう。

労災施術アイコン

労災施術

業務中や通勤中に負傷をしてしまった場合に、労災施術を行っております。保険会社とのやり取りや書類の書き方などご不明な点がございましたらお気軽にご相談ください。

BACK TO TOP

お電話アイコン

お電話

WEB予約アイコン

WEB予約

LINE公式アイコン

LINE公式

instagramアイコン

instagram

メニュー

",